ノウハウ

格安航空券はたった1日で料金が違う場合も

旅行業界にはシーズナリティと呼ばれる季節による料金変動があります。航空券もこのシーズナリティに沿って料金設定されています。
例えば旅行シーズンである8月は料金が高く、逆にシーズンではない10月は料金が安いなどです。
 
航空券は1月、6月、11月前後が安く、年末年始・お盆・ゴールデンウィークなどの長期休暇が入るシーズンは高くなっています。

シーズナリティは旅行会社によって差がある

シーズナリティは各旅行会社によって若干の誤差があるようです。
A社は8月13日から高くなるのに対し、B社は8月14日から高くなるなどの誤差があります。
 
そのため複数の旅行会社で検討し、シーズナリティに入らない期間でチケットを抑える事をおすすめします。
このシーズナリティにあたると、通常よりも2倍の旅費がかかったりと厄介ですので、意識してチェックしてみましょう

 
日本最大級 楽天トラベルはこちらへ





 



 
格安航空券 徹底ガイド トップページへ戻る