基礎知識

FIX航空券(フィックス)

FIX航空券(フィックス)とは購入時に往路と復路の日時と便が決められており、変更することができない航空券のことです。旅行中にスケジュールが変わり、滞在日程が延びた、時間を変更したいと思った場合は、帰りのチケットを捨てなくてはいけません。
 
FIX航空券は融通がきかないかわりに、オープン航空券よりも格安で販売されています。
往路と復路の便の間隔も指定されています。
10日FIXならば復路と往路の間を10日にしなければなりません。期間が短いほど価格は安くなります。FIX(フィックス)航空券が格安航空券の大半を占めています。
時間時間で行動できるユーザーに人気の航空券となっています。

オープン(OPEN)航空券

決められた有効期限以内ならば復路の便を変更することができる航空券で、FIXよりも融通がきくようになっています。90日OPENと書かれた航空券ならば90日間の変更可能期間があります。
 
滞在先でスケジュールをかえて、滞在時間を延ばしたいと思ったときも対応可能。
現地で変更することができます。料金はFIX航空券よりもその分高くなります。有効期限が短い程安く、長いほど高くなりますが、融通の利く旅行をしたい方に人気です。

FIX/OPEN航空券

FIX航空券とオープン航空券を掛け合わせたような航空券。
往路の便を滞在先で1回のみ変更できます。

PEX航空券

FIXやオープンなどの格安航空券は航空会社ではなく、旅行会社のみで販売しています。

航空会社がこれに対抗して作ったのが、PEX航空券で、航空会社独自の割引制度です。
よく聞く早割、年齢割、誕生日割引など様々な理由でチケットを安くしています。
もちろん、航空会社から購入できますし、旅行会社からも購入できます。最近ではPEX航空券のほうが安い場合もあるので、じっくり検討して最安のチケットを手に入れてほしいものです。

 
日本最大級 楽天トラベルはこちらへ





 



 
格安航空券 徹底ガイド トップページへ戻る