国別攻略ガイド

シドニー路線の乗り入れ会社と価格相場について

オーストラリアのシドニーへは、オーストラリア系のカンタス航空、ジェットスター、アジア系のチャイナエアライン、ベトナム航空、大韓航空、日系のJALなど多くの航空会社が乗り入れています。オーストラリアは南半球に位置するため、日本と季節が逆です。そのため夏休みには安いチケットが多く販売されることがあるので、要チェックです。
 
現在時点での第1位は、成田発のニューギニア航空で、往復45000円~55000円です。ただこれはポーレストモビー経由で夜の出発、それに水曜日と土曜日のみの便しかないので時間制限にこだわらない方にとってはかなりお得でお勧めです。
 
第2位は関西発のマレーシア航空で、往復46700円~47000円です。こちらはクアラルンプール経由の午前発便で、火曜日の出発便はありません。第3位は同じく関西発のベトナム航空で、往復48000円~53000円です。こちらも経由便ですが出発日の限定がないのが魅力です。
 

《成田→シドニー》往復航空券のベスト3

成田からシドニーへの往復航空券のベスト3の第1位は、ニューギニア航空の経由便の格安航空券で、通常時が45000円~55000円で、ピーク時が45000円~84000円です。
 
次いで第2位は、カンタス航空の直行便の格安航空券で、通常時が63000円~で、ピーク時が63000円~128000円です。
 
さらに第3位は、JALの直行便のPEX航空券(ダイナミックセイバー) で、通常時、ピーク時とも64000円~148000円です。

《名古屋→シドニー》往復航空券のベスト3

名古屋からシドニーへの往復航空券のベスト3の第1位は、チャイナエアラインの経由便の格安航空券で、通常時が60000円~71000円で、ピーク時が68000円~92000円です。
 
次いで第2位は、ガルーダ・インドネシア航空の経由便の格安航空券で、通常時が62000円~68000円で、ピーク時が68000円~75000円です。
 
さらに第3位は、JALの直行便のPEX航空券(ダイナミックセイバー)で、通常時、ピーク時とも64000円~148000円です。

《関西→シドニー》往復航空券のベスト3

関西発のシドニー行きの便で安いのは、マレーシア航空です。クアラルンプール経由で、午前中の出発時間帯が多いのですが、火曜日のみ出発便がありません。次にベトナム航空の経由便です。出発日の限定がないので、予定が合わせやすいです。直行便はJALのみとなりますが、日本人乗務員がいるので安心できます。しかし、PEX航空券のみとなります。また、中国東方航空の上海経由なら、通常時とピーク時の価格があまり変わらないのでお勧めです。

 

楽天市場 6時間限定タイムセールはこちらです





 



 
格安航空券 徹底ガイド トップページへ戻る