国別攻略ガイド

シンガポール路線の乗り入れ会社と価格相場について

シンガポールは東南アジアの中でもかなり人気のある激戦区路線となっており、日系航空会社・アジア系航空会社・アメリカ系航空会社など非常に多くの航空会社が乗り入れています。
 
シンガポール路線は格安航空券も多く出回っており通常時でもピーク時でも3万円台から手に入ります。現在時点での第1位は名古屋発のチャイナエアラインで、往復32000円~49000円です。こちらは台北経由ですが午前発なので時間に少しゆとりが持てます。
 
第2位は成田発のデルタ航空で、往復32800円~です。こちらは直行便なのですが午後発や夜発の便が多いので、出発日は移動だけで終わってしまいますが、ピーク時でも同じぐらいの価格から探すことができる点はお勧めです。
 
第3位は関西発のチャイナエアラインで、往復34000円~44000円です。こちらも台北経由ですが午後発なので、シンガポール着が夜中になってしまいます。時間に余裕がある方にとってはお勧めできます。
 

《成田→シンガポール》往復航空券のベスト3

成田からシンガポールへの》往復航空券のベスト3は、第1位がデルタ航空の直行便・午後発の格安航空券で、通常時が32800円~で、ピーク時が32800円~68000円です。
 
次いで第2位は、大韓航空のソウル経由便・午前発の格安航空券で、通常時が43000円~66000円で、ピーク時が45000円~75000円です。こちらは午前発なので、その日の午後が観光などに利用できます。
 
さらに第3位は、ANAの直行便・午後発のPEX航空券(スーパーエコ割)で、通常時が39400円~54400円で、ピーク時が52400円 ~69400円です。
 

《関西→シンガポール》往復航空券のベスト3

関西からシンガポールへ行くにはアジア便を使用するのが普通です。
数ある航空会社の第一位は中国東方航空です。46000円程度から設定がありますがフライト時間は13時間近くと少し長めです。
 
第二位は香港経由のキャセイパシフィック航空です。大体6万円程度かかりますが所要時間は9時間30分と短く、機内食の美味しさでも有名です。
 
第三位はシンガポール航空の直行便で65000円です。直行なので7時間10分と短いフライトで時間の無駄無く旅を楽しむことが出来ます。

《名古屋→シンガポール》往復航空券のベスト3

名古屋からシンガポールへの往復航空券のベスト3は、第1位が、チャイナエアラインの台北経由・午前発の格安航空券で、通常時が32000円~49000円で、ピーク時が41000円~59000円です。
 
次いで第2位は、エバー航空の台北経由・午後発の格安航空券で、通常時が35000円~で、ピーク時が35000円~115000円です。
 
さらに第3位は、ANAの直行便のPEX航空券(スーパーエコ割)で、通常時が34000円~45000円で、ピーク時が45000円~67000円です。
 

楽天市場 6時間限定タイムセールはこちらです





 



 
格安航空券 徹底ガイド トップページへ戻る