国別攻略ガイド

中国上海路線の乗り入れ会社と価格相場について

上海は海外といっても日本から近いこともあり、中華系航空会社、日系航空会社など多くのアジア系航空会社が安くで飛んでいます。アメリカ系は今のところデルタ航空のみの乗り入れとなっています。
 
ほとんどが直行便なので、到着時間が早い便を選べばその日の午後もゆったりと観光する時間があります。格安は成田発往復の航空会社未定、時間未定の直行便で24000円です。航空会社は中国東方航空などの中華系、出発時間は午後になることが多いですが、この安さは魅力的です。
 
次いで関西発往復の航空会社未定、時間未定の直行便が30000円~31900円です。こちらも中華系航空会社になることが多いです。第3位は名古屋発往復の中国東方航空または中国国際航空、どちらも午後発の直行便で34000円です。午後の出発ですが名古屋からだと飛行時間も短いので、到着後にゆっくり食事をして黄浦江のクルーズやマッサージ、雑技団観賞など十分に楽しむことができます。

《成田→上海》往復航空券のベスト3

中国の上海と言えば、日本の歌にも歌われている日本人にはお馴染みの都市です。古い文化が多く残り、そして、新しい文化、観光施設が構築されている都市です。その上海に成田空港からの往復航空券に格安航空券があります。航空会社未定の直行便・時間未定の格安航空券が最も安いです。
 
次に、中国東方航空の 直行便・午前発の格安航空券です。そして、ANAの 直行便・午後発のPEX航空券(スーパーエコ割)です。日本人お馴染みの都市への旅行にも格安航空券を利用したいですね。

《関西→上海》往復航空券のベスト3

関西発上海行きの航空券で、往復の第1位は航空会社未定便の30000円~31900円です。こちらはアジア系の航空会社になることが多いです。直行便ですが時間帯は午後発となります。
 
第2位は大韓航空の直行便で41800円~43800円です。
 
第3位はANAの直行便で38400円~44400円です。こちらはPEX航空券なので、マイレージの加算もできます。出発時間を午前便にする場合はプラス4000円となります。

《名古屋→上海》往復航空券のベスト3

名古屋から上海へは、近いだけあって安いチケットが多くあります。格安なのは中国東方航空の直行便・午後発の便です。通常時なら34000円、ピーク時なら52000円~で航空券を購入することができます。
 
次に安値なのは中国国際航空の直行便・午後発の便です。通常時なら34000円、ピーク時なら47000円~で航空券を購入することができます。日本の空港会社では、ANAの直行便が安いです。通常時なら38400円~、ピーク時なら43400円~で航空券を購入することができます。

 

楽天市場 6時間限定タイムセールはこちらです







格安航空券 徹底ガイド トップページへ戻る