国別攻略ガイド

フィリピンマニラ路線の乗り入れ会社と価格相場について

フィリピンのマニラには日系航空会社やアジア系航空会社がメインで乗り入れており、アメリカ系航空会社はほとんどありません。ただ他のアジア路線に比べると運行航空会社が少なめですが、格安航空券は多く出回っています。
 
現在時点での第1位は関西発のフィリピン航空で、往復30000円~45000円です。こちらは午前発の直行便なので時間が有効に使えます。
 
第2位は成田発の同じくフィリピン航空で、往復33000円~37000円です。こちらも午前発の直行便で飛行時間が短いのがポイントですが、ピーク時の価格は倍以上するので出発日選びが重要となります。
 
第3位は関西発のマレーシア航空で、往復37000円です。こちらは直行便の午後発、ピーク時も同じ値段で買えるのが魅力的です。ほぼ同額で名古屋発のフィリピン航空が往復37000円、同じく名古屋発でチャイナエアラインの37000円~45000円も格安です。どちらも午前発の直行便なので初日も十分に使えます。

《関西→マニラ》往復航空券のベスト3

最近、海外旅行をでフィリピンに行き楽しむ方が多くなってきています。そのなかで関西からマニラに行くのに最も低価格な航空券はフィリピン航空直行便・午前発です。通常価格でも3万円台から行けるので多くの方から人気を呼んでいます。
 
次に低価格で行けるのがマレーシア航空直行便・午後発です。こちらは通常でもピーク時価格でも同価格の4万円以内で行け、人気も高まっています。
 
最後に人気なのがJAL成田経由便・午後発です。通常価格では6万円台からと若干高くなりますが、日本の航空会社であり安心して利用が出来ると言うことで人気も出てきています。海外旅行を楽しむならば、今後も低価格航空券は必要不可欠であると考えられます。

《名古屋→マニラ》往復航空券のベスト3

名古屋からマニラへの往復航空券のベスト3は、第1位がフィリピン航空の 直行便・午前発の格安航空券で、通常時が37000円で、ピーク時が62000円 ~96000円です。
 
次いで第2位は、チャイナ・エアラインの直行便・午前発の格安航空券で、通常時が37000円~45000円で、ピーク時が40000円 ~62000円です。こちらはピーク時がかなり安くなります。
 
さらに第3位は、JALの成田経由便・午後発のPEX航空券(ダイナミックセイバー)で、通常時が60000円~130000円で、ピーク時が80000円~150000円です。

 

楽天市場 6時間限定タイムセールはこちらです

 






格安航空券 徹底ガイド トップページへ戻る