国別攻略ガイド

中国北京路線の乗り入れ会社と価格相場について

中国の北京路線は日本と近いこともあり、多くの格安航空券が出回っています。アジア系を始めとする多くの航空会社が乗り入れており、ほとんどが直行便ですが一部上海などを経由する便もあります。
 
現在時点での第1位は名古屋発の中国国際航空で、往復35000円~39000円です。こちらは午後発の直行便です。ほぼ同額で関西発の中国国際航空直行便が35000円~49000円となっています。
 
さらに成田発のパキスタン航空直行便で、往復35000円~76000円です。第2位は関西発のANA直行便で、往復39400円~です。こちらはPEX航空券ですのでマイレージ加算もお得です。ピーク時でも4万円台で購入でき、値段が安定しています。
 
第3位は成田発の大韓航空で、往復39800円~46000円です。こちらはソウル経由のため時間が少々かかりますが、ピーク時でも価格の差がそれほど出ないので出発時期によってはかなりお得です。

《成田→北京》往復航空券のベスト3

スタン航空の直行便・午後発の格安航空券で、通常時が35000円~76000円、ピーク時が45000円~86000円です。
 
次いで第2位は、大韓航空のソウル経由の格安航空券で、通常時が39800~46000円で、ピーク時が57800円~61000円です。これは直行便と比べ、少々時間はかかってしまいますが。価格の幅が安定しています。
 
さらに第3位は、ANA直行便のPEX航空券(スーパエコ割)で、通常時が48400円~57400円で、ピーク時が53400円~62400円です。

《関西→北京》往復航空券のベスト3

関西国際空港から北京への航空券は近年特に安くなりました。
その中でも安いのは中国東方航空で3万6千円程度です。青島を経由した場合でも5時間足らずで到着することができます。
 
そして次に安いのは韓国アシアナ航空で大体4万円足らずでトランジットを含めて5時間40分程度かかります。
 
最後はエアチャイナです。お値段は4万2千円程度とこの中では高いですが直行便でわずか3時間30分での到着なので時間を節約したい人にはこちらがおすすめです。

《名古屋→北京》往復航空券のベスト3

名古屋と北京の往復航空券なら、北京を拠点としている中国の航空会社が最も安いです。中国に行く人だけではなく、中国を経由して他の国に行く人も多いので、利用者が多く、フライトの数も多くなっています。
 
次に安いのは、同じく中国の航空会社ですが、上海などを拠点としているところになります。三番目に安いのは、日本のLCCであることが多くなっています。いずれも予約時期やフライトの時期、キャンペーンなどにより価格が変動するので、よく調べることが大切です。

 

楽天市場 6時間限定タイムセールはこちらです







格安航空券 徹底ガイド トップページへ戻る