国別攻略ガイド

タイバンコク路線の乗り入れ会社と価格相場について

グロバール化が進みさまざまな人が行きかっています。また、最近では、格安交通機関が発展しているので、多くの旅行者がいます。その為、近年では、東アジアを中心に旅行利用客が増加しています。その中でも人気の高いバンコクについて説明します。
 
タイは、一年を通して気候が安定し得いるので、過ごしやすい気候です。そのため、良いシーズンというのはなく、いつでも生きやすい場所になります。タイは日本人観光客も多く、観光地では、日本が通じるので、外国に行ったことのない人でも、気軽に行くことが出来ます。
 
そのため、観光地では、公共交通が発展しています。比較的物価の安いタイでは、物が安くお土産などを買う場合でも、少ない資金で観光することが出来ます。また、観光地中心では価格の安く買い物しやすいです。公共交通機関が発展しているので乗り入れが簡単で、現地のある、看板を見れば誰でも簡単に目的地に向かうことが出来ます。この様にバンコクは観光しやすい国です。

《成田→バンコク》往復航空券のベスト3

バンコク路線は多くの航空会社が運航しているので、格安でバンコクに行く事が可能となっています。成田からの格安の航空券で人気を呼んでいるのがデルタ航空直行便です。通常価格で3万5000円以内で往復する事が可能です。
 
次に格安であるのが、タイ国際航空直行便です。こちらも通常価格では4万前後で気軽に行く事が出来ます。
 
最後に人気なのがANA直行便となります。通常価格では5万円前後と少し価格は高くなりますが、日本人がよく使うANAであるからこそ安心して使用が出来るという事で利用客も多くなっています。今後も格安航空券を利用して海外旅行を楽しむ方が増えると考えています。

《名古屋→バンコク》往復航空券のベスト3

名古屋からバンコクへの往復航空券のベスト3の第1位は、チャイナ・エアラインの台北経由・午前発の格安航空券で、通常時が32000円~41000円 で、ピーク時が41000円~67000円です。
 
次いで第2位は、タイ国際航空の直行便・時間未定の格安航空券で、通常時が34000円 ~42000円で、ピーク時が40000円~72000円です。
 
さらに第3位は、ANAの直行便・午後発のPEX航空券(スーパーエコ割)で、通常時が32400円~49400円で、ピーク時が52400円~79400円です。

《関西→バンコク》往復航空券のベスト3

関西からバンコクへの往復航空券は、キャンペーンをしている航空会社になります。先着何名までという指定があり、半年以上前から予約する必要があることも珍しくありませんが、キャンペーンは数年に数度のペースで出されています。常に最新情報をチェックして、キャンペーンがあれば早めに予約することが肝心です。
 
2番目に安いところはLCCが運営するフライトの場合が多いです。こちらも早めに申し込む必要があります。3番目は普通に旅行会社に尋ねた場合に出てくる、安いところになる場合が多いです。

 

楽天市場 6時間限定タイムセールはこちらです

 






格安航空券 徹底ガイド トップページへ戻る